Browse By

連帯保証人は誰がなるのか?連帯保証人のいろいろ

親や兄弟などの親族が一般的

賃貸契約を結ぶ時、ほとんど必ずと言ってよいほど連帯保証人を立てるものですが、連帯保証人というのは誰でもよいものなのでしょうか。一般的には、親や兄弟、親せきなどの頼むのが一般的ですよね。というのも、連帯保証人というのはいわば家賃の支払いが滞った時のセーフティーネットですから、支払い能力がなくなった契約者当人の尻拭いをどこまでできるかというところが重要なポイントとなってくるのです。親族であれば、当事者に変わって家賃を支払ってくれる確率が高いということなのですね。

会社の上司などではダメか

連帯保証人は、上述のように親や兄弟に頼むというのが一般的ですが、たとえば会社の上司などではダメなのでしょうか。保証人というのは財力があるかどうかも重要な点です。そのため、会社の上司などのように財力がある場合は、連帯保証人として認められるケースも多いと言えます。しかしながら、近年では不況などの影響や終身雇用制の崩壊などで、一つの会社に勤めあげる人も少なくなっているのが現状です。そのため、契約当時は上司だったけれど転職してしまったという場合も良くあるので、会社の上司というのは最近では保証人として敬遠される傾向が強くなっています。

友人や知人の場合はどうか

友人や知人を連帯保証人に立てることは可能でしょうか。確かに、連帯保証人というのは契約者本人とかなり近い関係になければならないものです。その際、友人や知人の方が親族よりも契約者本人と近い場合という状況はあるにはあるでしょう。とはいえやはり、知人や友人というのは血のつながりがあるわけでもなく、関係の変化によって連帯保証人としての義務を放棄するようなことをする人も多いため、連帯保証人として認められるケースはどうしても稀になってしまいがちなのです。

札幌の中心部は、碁盤目状に道路が整備されており、地下鉄などの公共交通機関などもしっかりと整備されているので、札幌の賃貸マンションは交通の利便性が良い物件が多くあります。